でたらめニュース

2010年04月05日

アルデバランさん左角折られる 聖域の金牛宮

3日午前8時ごろ、ギリシャの十二宮のひとつ金牛宮で、黄金聖闘士のアルデバランさんが左の角を折られ血だらけでうずくまっているのを、巡回する白銀聖闘士の一人が見つけ、110番した。
サンクチュアリ警察は器物損壊及び教皇への叛逆容疑で調べる方針。

サンクチュアリ警察によると、2日午後6時ごろアルデバランさんは教皇庁での勤務を終えて金牛宮に帰宅する姿が目撃されていたが、翌朝白銀聖闘士が新聞を配りに来ると、アルデバランさんが金牛宮の中に座り込み、2メートル四方の血だまりができていたという。
金牛宮はアルデバランさんが一人で守っており、他に聖闘士はいなかった。折れた角は見つかっていない。

治療に当たった黄金聖闘士のムウさんによると、タウラスのゴールドクロスの角は、例え教皇といえども簡単には折れないという。
アルデバランさんは黄道十二宮を守る黄金聖闘士の中でも「黄金の野牛」の異名を持つ実力者で、並ぶ者の無い剛を誇っていた。
ムウさんは「事件後にアルデバランさんと面会したが妙に満足そうであり、特に心配はないようだ。彼が本気を出していたら金牛宮が血の海になっていた」と話している。

日刊サンクチュアリ/燕

参考記事:ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場
http://mainichi.jp/select/today/news/20100405k0000e040021000c.html



horafukitsubame at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月01日

業務時間中に嘘ニュースブログを更新 従業員を減給処分

業務時間中に携帯電話でブログを更新するなど勤務態度に問題があったとして、都内の金融機関が、従業員の男性(25歳)を減給3か月の処分としていたことが分かった。

金融機関によれば、男性は嘘ニュースを配信するブログを運営していたが、4月1日のエイプリルフール用のネタが思いつかなかったため、始業時間ぎりぎりになってから所持するiPhoneで更新作業を始めたという。
男性はスケジュールを確認するそぶりを装いながらアプリによるブログ更新を行っていたが、ツイッター上でブログを更新したことを呟いた時間が始業時間以降だったため、密かにフォローしていた上司に発覚、処分へと繋がった。

男性は「昨晩マルホランド・ドライブを観たせいで、エイプリルフールネタが思い浮かばず焦っていた。しかも大して面白い記事も書けず、反省している」などと話している。

ネットの嘘ニュースに詳しいある有名ブロガーは「エイプリルフールには特別面白い嘘を付かなければ、というプレッシャーが辛かったのではないか。嘘ニュース界は虚構新聞が圧倒的な強さを見せており、ツイッターなどブログ以外のメディアも存在感を増す中で、弱小嘘ニュースブログは存在への危機感があっても不思議ではない」と話す。

業務時間中のブログ更新による戒告処分は過去に例があるが、減給処分は今回が初めてのケース。

目本経済新聞/燕


本当は業務開始2分前に間に合いましたよ!



horafukitsubame at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

肖像権侵害で女児が父親を提訴

東京都世田谷区に住む女児(4歳)が、自分の顔写真を携帯電話の待ち受けに無断使用されたのは肖像権の侵害にあたるとして、使用の差し止めと精神的苦痛への損害賠償としてこづかいの増額を求めて、実の父親を提訴した。

訴えの内容によれば、父親は女児の寝顔を無断で撮影し、携帯電話の待ち受け画面にしたうえ、会社の同僚に見せびらかすなどしたという。会見に応じた女児は「よく知らない人に顔を知られたかと思うとぞっとする。同僚にロリコンがいたらどうするのか」などと話し、父親と全面対決する姿勢をみせた。

一方、父親側は「訴状が届いていないのでコメントできない」としながらも、憔悴を隠せない様子だった。母親は「私を愛しているのなら私の写真を設定するはず」と怒りもあらわ。家族間の写真使用がどこまで認められるのか、司法判断への注目が高まっている。

毎朝新聞/燕


horafukitsubame at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月28日

渋谷区の路上で「フォローミー」 男を逮捕

東京都渋谷区の路上で警察官に対して暴行を加えたとして、警視庁は28日、八王子市に住む会社員(28)を公務執行妨害の疑いで逮捕した。
会社員は調べに「ツイッターのフォロワーが増えずイライラしていた」と容疑を否認めている。

警視庁の調べによると、会社員は渋谷区のスクランブル交差点の中央で「フォローミー」などと叫び続けており、交通の妨げとなっていた。
通報により駆けつけた警察官が連行しようとした際、所持していたアイホンで警察官の頭を叩くなどの抵抗をしたという。

会社員はツイッターのフォロワーが増えないことに悩んでいたといい、「渋谷区という単語からつぶやくという連想をした」などと意味不明な供述をしていることから、警察では薬物使用の疑いもあるとみて慎重に捜査を進めている。

ツイッターは140文字の投稿が可能なソーシャル・ネットワーキングサービスのひとつで、自分が投稿を読んでいる人の数、自分の投稿を読んでくれている人の数がそれぞれ「フォロー」「フォロワー」として表示される。
会社員のアカウントは1256フォロー、43フォロワーだったが、逮捕後フォロワー数が9000強にまで増加している。

▼ツイッターに詳しいジャーナリスト、釣田大介さんの話
価値のあるつぶやきを投稿していればおのずとフォロワーは増える。
とはいえフォロワーの数にこだわると”ツイッター疲れ”などに陥りやすい。
フォロワー数など気にせず、つぶやきたいことをつぶやくという自然体で楽しむのが一番。

毎朝新聞/燕



horafukitsubame at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

お年玉預金流用の密約 女児が訴え

東京都世田谷区に住む女児(9歳)が、両親の間でお年玉を家計に補てんする密約が存在したとして、過去9年間にわたるお年玉の返還請求を起こしていることが明らかになった。

訴えの内容によれば、女児の母親は「貯金に回す」などと説明して、女児にはおよそ2000円程度しか与えなかった。
女児が預金通帳の開示を請求すると「子供が口を出すことではない」などと説明を拒否されたため、不審に思った女児が独自に調査を行ったところ、総額40万円に渡って家計の補てんや遊興費などに流用されている形跡があった。

女児の母親は「夫と私で半分ずつ使うという密約があった。育児に疲れていたので、親が使ってもかまわないと思った」などと話している。
自宅で会見に応じた女児は「子供の夢を踏みにじった。絶対に許さない。絶対にだ」などと怒りを露わにし、両親との別居も辞さない構えだ。

▼家庭の法律に詳しい胡桃沢梨男・東欧大学教授の話
たとえ未成年者といえども、明示的に本人に与えられたお年玉への所有権が侵害されるなど、あってはならないこと。
今回の流用は、家計の維持に不可欠というならばともかく、遊興費などに使っていることから正当性は認められない。
私にも娘がいるが、お年玉預金の定期的監査を行い適切な情報開示を行っている。



horafukitsubame at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月08日

小沢幹事長にアカデミー審査員特別賞

第82回アカデミー賞の授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスのコダックシアターで開催され、民守党の小沢一朗幹事長が審査員特別賞を受賞した。
審査員特別賞は、ジャンルを問わず高い演技力を発揮した人物に対して贈られる栄誉ある賞で、黒いオスカー像が贈られる。
小沢氏は、昨年末から今年2月にかけて問題となった政治資金収支報告書に関する虚偽・不記載疑惑で、捜査機関や日本国民を相手に高度な演技を見せたことが受賞に繋がった。

プレゼンターを務めたクエンティン・タランティーノ監督は「彼は素晴らしいパフォーマーだと思う。私の映画にぜひ出てほしい。鳩にキンタマを喰いちぎられるシーンなんかを考えている」などと絶賛した。
日本人の受賞は1992年の金丸元首相以来、17年ぶり(3人目)となるが、小沢氏自身は会場に姿を見せなかった。

小沢氏の事務所は「オスカー像が届いていないのでコメントできない」と話している。

キネマ新報/燕



horafukitsubame at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月04日

お笑い芸人のリサイクル法制化へ

小沢環境大臣は4日、人気が低下したお笑い芸人が大量に廃棄されている問題に強い懸念を示し、リサイクル義務の法案化を検討する方針を明らかにした。
早ければ今年4月から有識者を招いたワーキンググループを組成し、施策や対象となる芸人の選定に入る。

既に政府内では、芸能事務所への再起用インセンティブの付与や、テレビ・ラジオ番組等への出演枠制定の義務付け等の検討が進められているという。
リサイクル指定芸人としては、ギター侍さん、レイザーラモンさん、ヒロシさんらが有力視されている。

小沢大臣は、ブームの影でお笑い芸人の消費が加速し、地方への不法投棄が各地で頻発している現状を「極めて遺憾」とし、政府による介入が不可欠との見方を示した。
大臣は「誰もが安心してお笑い芸人を目指せる社会こそ、国民の安心と信頼に値する」とも述べ、こうした施策が公共の福祉に繋がるとの見解を強調した。
会見では、記者団からの「エンタの神様終了との関連性は」との質問に小沢大臣が「全く関係がない」と憮然する場面も見られた。

一方で、専門家の間ではリサイクル指定の基準を定めることが困難との見方も出ており、「TVやラジオの出演回数だけでは図れない。舞台やツイッター等で人気の芸人もいる」(大手芸能プロ幹部)。
更には一発屋を売りにする芸風も生き残りが困難となることが予想され、お笑い業界のあり方が大きく影響を受けることは必至と見られている。

目経エンタティメント/燕



horafukitsubame at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月03日

日本音楽著作物協会 イヤホンの音漏れも課徴金対象へ

日本音楽著作物協会(JASURAC)は3日、イヤホンやヘッドホンの音漏れについても音楽著作権の侵害とみなして管理していく方針を明らかにした。
同協会の菅原瑞穂常務理事は、「携帯音楽プレーヤーの所持者でなくとも音楽を聴くことができるのは大きな問題」と話し、厳格な規制で臨む構えを見せた。

具体的な管理方法としては、JASURACから嘱託を受けた大量の調査員に街頭調査を行わせ、発見次第課徴金を徴収する方式を検討しているという。
既にJASURACのホームページでは調査従事目的と見られる大量の人員募集が行われている。
あまりに厳格すぎるという批判の声もあるが、菅原常務理事は「街中はプライベートな場所ではないことをみなさんに認識してほしい」と理解を求めた。

一方、音楽機器業界では音漏れを防止するイヤホン等の需要が高まるとみて、既に一部の企業の株価が上昇するなどしている。

目経エンタティメント/燕



horafukitsubame at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月21日

普天間基地 オンライン上に移設へ

鳩山由紀男首相は21日、官邸での記者会見で、在日米軍の普天間基地をオンライン上に移設する方針を明らかにした。
これは日本政府の負担で専用サーバを設置した上で、米軍の戦力を解析したデータを格納し、ユニットとして表示することで基地機能を持たせるというもの。
このサーバは米軍の統合司令部とも接続しており、米国内からサーバ上に配置された戦車や歩兵師団等のユニットが操作可能。
自衛隊や中国の人民解放軍のデータにも対応し、リアルタイムでのオンライン演習が可能となっている。
また、戦闘方式はアクティブタイムバトルを採用し、緊迫感のある戦争シミュレーションが楽しめるという。

鳩山首相は「サーバ費用は年間数百万程度と極めて安価で、国民の皆様に負担をお掛けすることもない」と述べ、民意を重視した選択であることを強調した。
サーバ費用については「米軍からプレイ料金を徴収することで回収する」(首相)方針。
既にサーバの設置に向けて、オンラインゲーム運営に実績のあるカンホー社やメクソン社から顧問を招聘し、検討準備を進めているという。

記者団からは「オンライン上に基地を設置することに、戦略上の意義があるのか」といった質問も飛んだが、鳩山首相は「時代はオンライン。リアルだけでなくネット上の抑止力も必要」と抽象的な返答にとどまった。
在日米軍のエドワーズ空軍中将は「正式交渉の段階ではないのでコメントできない」としながらも「シミュレーションよりFPSがいい」と話している。

毎目新聞/燕



horafukitsubame at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月15日

手作りチョコが地球温暖化促進 規制検討へ

地球温暖化問題に関する閣僚委員会は15日、バレンタインデーのチョコレートを手作りする行為の規制を検討していることを明らかにした。

委員会の研究によれば、チョコレートの湯せんによるCO2の排出量は年間およそ7000トンに達するという。
また、溶かしたチョコレートを冷蔵庫で冷やす際にも年間数百トンのCO2が排出され、そのほとんどが毎年2月14日付近に集中している。
これらを合算すると、日本国内の家庭から排出されるCO2の半分程度に達することから、手作りチョコが地球温暖化の一要因となっている事実が浮き彫りとなった。

委員会では、「既にチョコレートであるものをわざわざ溶かして作り直す意味は薄い」(城野委員長)として、今後は市販品の購入等で代替するよう広く国民の理解を求めていく方針。
一方、「込められた愛はプライスレス」「手作りチョコをもらえないひがみでは」と非難する声も上がっており、また、製菓業界にも反発の動きが広がっている。

京都議定書に定められたCO2削減目標の達成が危ぶまれるだけに、政府は少しでもCO2削減を図りたい考えだが、「他に削減の余地はいくらでもある。明らかにひがみ」(専門家)という指摘もあり、早期の規制実現は困難と見られる。

目本経済新聞/燕



horafukitsubame at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: