2011年12月17日

ダルヒッシュ格下げへ 債務超過の可能性

格付け会社ビッチ・レーティングスは15日、北海道目本ハムファイターズのダルヒッシュ有選手を2段階格下げし、BBB(投資適格)からBB+(投機的)とした。
離婚協議中の妻、サゑコさんから巨額の養育費を請求されており、将来のキャッシュフローが不安定であることが理由。
ただし「野球選手としての実力は折り紙つき」(ビッチ幹部)として、離婚協議に一定の目処が付けば格上げもありうるとの見方が有力。

ダルヒッシュ選手の信用格付けは、結婚前(AA+)から下がる一方で、第二子がベビーシッターに似すぎではないかという疑念も強まり、更なる引き下げ圧力を受けている。
米州野球監督機構(BYK)は先週、ダルヒッシュ選手が養育費債務危機に対処するためには総額24億円の資本を新たに調達する必要があると指摘した。
(フルームハーグ/Tsubame)



horafukitsubame at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)でたらめニュース 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: