2010年03月08日

小沢幹事長にアカデミー審査員特別賞

第82回アカデミー賞の授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスのコダックシアターで開催され、民守党の小沢一朗幹事長が審査員特別賞を受賞した。
審査員特別賞は、ジャンルを問わず高い演技力を発揮した人物に対して贈られる栄誉ある賞で、黒いオスカー像が贈られる。
小沢氏は、昨年末から今年2月にかけて問題となった政治資金収支報告書に関する虚偽・不記載疑惑で、捜査機関や日本国民を相手に高度な演技を見せたことが受賞に繋がった。

プレゼンターを務めたクエンティン・タランティーノ監督は「彼は素晴らしいパフォーマーだと思う。私の映画にぜひ出てほしい。鳩にキンタマを喰いちぎられるシーンなんかを考えている」などと絶賛した。
日本人の受賞は1992年の金丸元首相以来、17年ぶり(3人目)となるが、小沢氏自身は会場に姿を見せなかった。

小沢氏の事務所は「オスカー像が届いていないのでコメントできない」と話している。

キネマ新報/燕



horafukitsubame at 20:20│Comments(0)TrackBack(0)でたらめニュース 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: