2010年01月16日

中国政府の情報機関が大量の人員募集

中国政府の情報統制を担当する人民情報統制部が、大量の人員募集を行っていることが明らかになった。
同部はここ数カ月にわたり、中国各地の求人案内に「パソコンのF5キーを押すだけの高度に洗練された簡単なお仕事です」などといった募集を出しており、地方を中心に応募が殺到している。
政府職員としては募集条件が異例の緩やかさで、国籍の制限などもないため、日本や韓国など近隣の諸外国からの応募も多いという。

待遇やF5キーを押す目的などは明示されていないが、長引く景気後退の影響もあってか、大量採用ながら倍率は百十数倍程度にのぼる地域も。
日本から応募したという無職男性(24)は「1秒間に16連打できる」と採用への自信を見せた。

情報統制部は、インターネット上の情報規制や検閲を担当する部門とされ、昨年12月に起きたグーグル中国に対するサイバー攻撃への関与を指摘する専門家も多い。

東洋新報/燕



horafukitsubame at 07:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: