2007年01月

2007年01月29日

「あるある大辞典」 番組名変更へ

フジテレビは29日、打ち切りが決定していたTV番組「あるある大辞典」を、「ありえなくもない大辞典」として再開する方針を明らかにした。
「あるある大辞典」は、報道内容を捏造していたことが発覚し、制作会社が謝罪する事態に発展していた。
フジテレビ側は打ち切りを一度は決定したものの、「番組自体は面白かった」「やめないでほしい」との声も多く、再開の道が探られていた。

フジテレビは社外から有識者を招いて対策委員会を設置、番組再開に向けて徹底した討論を行った。
数日間にわたる討議の末、番組名が「あるある大辞典」という強い断定的な響きを伴う点に問題があるとの見解が多く出された。
真偽が定かでないものまで「あるある」と視聴者が勝手に判断する恐れがあるとの意見が多く、番組名変更が最優先議題となった。
そこでフジテレビ側は、断定性を相当弱めた「ありえなくもない大辞典」と番組名を改変し、対策委員会の承認を受ける結果となった。

新番組のプロデューサーに就任する戸高義男チーフ・プロデューサーは「絶対に無いとは言い切れないが、あるとも言い切れないレベルで頑張りたい」と意欲を見せた。
多数の視聴者は、今回の不祥事で「あるある大辞典」に根強い不信感を抱いていると見られ、この不信感を拭い去ることが、新番組の最優先課題となる。
果たしてそれが「ありえなくもない」のか―新番組から目が離せそうもない。

(夕刊クジ・燕)


at 13:10|Permalinkでたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: