2005年11月

2005年11月28日

熊の無気力化進む

日本各地の熊の間に無気力化現象が広まっていることが、日本大学研究チームの調査で明らかになった。
同チームによると、調査対象となった870頭の熊のうち、睡眠・食事以外の行動の占める割合が極端に低下している個体が743頭を占めたという。
また食事の際も、自分から餌を取りに行く熊は殆どいないこともわかった。

5b1168d2.jpg
 (写真=無気力化の進む熊)










動物園などでは、清掃の際に餌で釣るなどして熊を誘導していたが、この手法が使えず困惑する声も。
日大動物科学研究所の島岡睦次郎教授(動物行動学)は「無気力も社会行動の一種と言え、大変興味深い」と話す。
また、餌で釣りにくい問題に関しては「もっといい餌をぶら下げないといけない。熊も贅沢になってきている」と分析する。

一方、動物心理学の専門家であるシータン・フェルマー教授(米ミシガン州立大)は、心理学的見地から熊の保護を主張している。
シータン教授によれば、「日本の熊は釣られすぎた。本来、熊は釣られるという行動形態とは無縁だった」という。
熊本来の生態が、人間の文化的傲慢によって破壊された結果、熊の無気力化が進んでいる、というのが教授の持論だ。
「彼らはとても心優しい生き物。だから、つまらない餌にも釣られてしまう。もう、彼らをそっとしておいてあげるべきだ」
シータン教授はこれからも、熊の心理面からの保護を訴えていくという。




at 20:48|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月26日

Xbox 265、ユーザーがクラッシュを報告

Nicrosoftの新しいゲーム機「Xbox 265」の一部所有者が、今週発売された同製品の技術的な問題を報告している。

複数のビデオゲームファンがwww.xbox-scene.comやwww.teamxbox.comなどのファンサイトの掲示板に、ゲームプレイの最中にXbox 260がクラッシュするという不満を書き込んでいるようだ。
画面が突然真っ暗になり、「このプログラムは不正な処理を行なったので強制終了されます」「こうですか?わかりません><」など暗号のようなエラーメッセージが表示されたと報告する人もいる。
また、「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファー」というような奇怪な音が本体内部から発生したため、叩いてみたところ「モルスァ」というような音を出しながら、すごい勢いで飛んで行ったという報告も寄せられている。


Nicrosoftの広報担当者は11月23日、これらの問題は販売済みXbox 265の「ごく一部」で起きている「孤立した問題」だと述べた。
同社のカスタマーサポートセンターには同製品について多くの電話が寄せられているが、「ほとんどは飛行可能なXboxへの賞賛の声だ」とこの担当者は語った。
なお、飛び去ったXboxに関しては、ユーザーの取り扱いに問題があるとして補償・交換には応じない方針だという。

(IPMedia/燕)


at 11:46|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月23日

聖闘士向けブログサービス あてなダイアリー サービス開始へ

株式会社サンクチュアリは、23日、聖闘士向けブログサービス「あてなダイアリー」の申し込み受付を開始した。
基本的に、聖域に勤める聖闘士向けサービスとなっているが、聖闘士以外でも利用は可能。
あてなダイアリーでは、利用する聖闘士の位階によって、黄金・銀・青銅・その他の三種類のコースが用意されている。

最も基本的な青銅コースは、400MBの容量まで画像をアップロードできる。
銀コースは600MB、黄金コースは1GBまでの画像をアップできる。
なお、冥闘士や暗黒聖闘士、神闘士、海闘士は申し込むことができないので注意。

(山系新聞/燕)


at 20:01|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月20日

日露首脳会談 平行線辿る

来日中のプーチン露大統領は、20日、官邸で小泉純一郎首相と首脳会談を行った。
会談では、来日の最大目的とされる、プーチン大統領の愛称に関する問題について話し合われたが、大きな前進は見られなかった。
小泉首相は、従来の姿勢を貫き、プーチン大統領の愛称はあくまで「ぷーちゃん」が適切と主張したが、プーチン大統領は「ぷーさん」の採用を主張し、議論は平行線を辿った。

会談はおよそ3時間半にも渡ったが、ロシア側は、愛称問題に関する合意が達成されるまで、北方領土やシベリア抑留者への賠償問題には立ち入らない姿勢を貫いた。
プーチン大統領の愛称を巡っては、就任当初から日露両国間で議論が絶えなかったが、両国首脳会談で議題に上るのは初めて。
ロシア側は一貫して「ぷーさん」の採用を要求しているが、これについては米ディズニー社が難色を示しており、日本政府も受け入れない方針を維持している。
元内務省の総元締めとして畏怖されるプーチン大統領は、「ぷーさん」の愛称を広めることで、恐怖イメージの緩和を図りたい狙いがあると見られる。

会談は明日夜7時半から再開されるが、このまま両者の主張が平行線を辿ることも十分に予想される。
両国間に課題が山積みとなっている今、大統領の愛称がそれほど重要な問題であるのか、疑問を呈する声もある。

▽田中貴彦・早稲田大学教授(国際政治学)の話

愛称問題で時間を無駄にすることは、両国の友好の妨げとなると共に、国民に対する背任ともいえる。
プーチン大統領には冷静な対応を望む。

(目本経済新聞/燕)


at 18:50|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月17日

"うんともすんとも" 廃止へ

文部省と学識者で構成する日本文章基準委員会は、17日、「うんともすんとも言わない」という言い回しを全面廃止する方針を決定した。
廃止理由は、実際に「すん」という人がほとんど居らず、言い回しに説得力がないと判断されたため。
来月15日を目処に、「うんともすんとも」という言い回しは全面廃止となる見通し。
私生活での使用までも禁じる措置ではないが、使いたい場合は、事前に申請し、許可を取る必要がある。

(毎目新聞/燕)


at 19:54|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月14日

日本三大祭 四大祭りへ

日本祭連盟理事会(本部・東京都)は14日、これまでの神田祭(東京)、祇園祭(京都)、天神祭(大阪)に、ブログ炎上祭(オンライン)を加え、日本四大祭とすることを決定した。
これまで、祭は伝統行事の一環とされ、三大祭も旧い歴史を持つ祭から構成されてきた。
しかし、インターネットの普及が著しい時代の趨勢を鑑み、オンラインの祭も加える結論となったという。

日本の祭の総元締めとも言える連盟の公認を得たことで、今後のブログ炎上祭はますます盛り上がると見られている。
ブログ炎上祭には欠かさず参加するという男性は「顔が見えない相手とも連帯感を持てるのが嬉しい。これからもますます燃え上がれば」と話していた。
一方、炎上を恐れるブロガーも増えるものと推測されており、燃料不足を懸念する声もある。

(ネット日報/燕)


関連記事
ブログで自滅する人々(第1回)?ブログで「祭られる」人々 / デジタルARENA

at 19:41|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月10日

瘤取りじいさん 逝去

昔話にもなったことで有名な"瘤取りじいさん"こと、本名・三郎さん(年齢不詳)が、瘤の傷跡が悪化し、都内の病院で急死していたことが分かった。
通夜・告別式は身内で執り行われたが、14日に、都内の日本昔話会館(渋谷区)で、偲ぶ会が開かれる。

三郎さんは、今から数百年前に、鬼に瘤を取られており、そのエピソードは広く知られている。
術後の経過も良好で、都内を散策する姿も見られていたが、6日夜に頬の傷跡が熱を持ち始め、急速に悪化したという。
傷の悪化原因は明らかにされていないが、高齢化によって、細菌に対する抵抗力が弱まっていたのではないかという見方が有力だ。
また、瘤取り後の措置が適切でなかったという声もあるが、鬼が瘤を取ったのは数世紀も昔の事で、因果関係は不明という他はない。

一方で、三郎さんが、瘤を取るという選択が正しかったのかどうか思い悩むあまり、生きる気力を無くしていた、との指摘もある。
曾々々々々々々々々々々孫にあたる勅使河原義彦さんは「三郎さんとしても、瘤を取られたことが結果として良かったのかどうかという迷いがあったようだ」と話す。
告別式に出席した親族によれば、三郎さんが納められた棺には、瘤を模した餅が共に納められたという。

(目本軽罪新聞/燕)


at 20:08|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月07日

モリゾーさん・キッコロさん 再就職困難に

愛知万博のマスコットを勤めたモリゾーさん・キッコロさんの再就職先が見つかっていないことが、7日、明らかになった。
モリゾーさん・キッコロさんは、共に2005年3月25日から9月25日にかけて開催された「愛・地球博」の公式マスコットを勤めていた。
万博の閉会に伴って、モリゾーさん・キッコロさんの両名は、所属していた万博実行委員会から解雇され、再就職先を探していた。

しかし、景気が未だ低迷している現在、特殊な容貌と相まって、再就職先が見つからない現状が続いている。
モリゾーさんは、これまでに17社に応募したが、うち15社までは書類選考で落とされたという。
応募を受けた会社の一つは「落選理由は明らかにできない」としているが、モリゾーさんの無愛想な表情に原因があるのではないかとの指摘もある。
キッコロさんも、既に22社に応募しており、うち3社は面接にまでこぎつけたものの、最終選考でいずれも脱落という結果に。
キッコロさんは「僕が人間ではないから落とされたのではないか。とても悔しい」と落ち込んだ様子だった。

現在は、二人とも失業保険で生活しているが、給付期限にも限界がある。
生活費を切り詰める為に、二人は愛知県内のアパートで同居をしているという。
「森へ帰ってはどうか」という声もある。しかし、愛知万博は、自然生物からの強い反対を押し切って開催されている。
モリゾーさんは「今更、森へは帰れない。万博で住処を失った仲間たちに、どんな顔を合わせればいいのか」と話す。

万博を主催した国・愛知県も補助を検討中とはいうものの、予算が下りる可能性は低い。
愛知万博を支えた二人の英雄は、一体どうなるのだろうか―――。

(中目新聞/燕)


at 18:58|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月04日

2005年度クリスマス 任意開催

2005年度のクリスマスについて、日本クリスマス安全基準委員会は、「任意開催」とすることを決定した。
任意という形ではあるが、クリスマスの開催が許可されるのは実に4年ぶり。
任意開催とは、クリスマスを祝うか否かを、個人の裁量にゆだねるもの。
また、祝う場合にも、あまりにも華美な形態や、他人に見せびらかすといった行為は規制の対象となる。

同委員会では、2001年から2004年に掛けて、独身者への配慮等を理由にクリスマスの開催を禁止する措置を取ってきた。
しかし、再開を望む声も強く、規制をかい潜ってでもクリスマスを祝おうとする者が多発していた。
こうした一連の動きに配慮した上で、今回の任意開催を認める方針に踏み切ったと見られる。

若林俊夫委員長は「あくまでも任意開催。公式クリスマスの再開のめどは立っていない」と話した。
また、渋谷・六本木など一部の都市を「規制解放特別区」として、男女カップルに開放することも明らかにした。
12月24日夕方から25日の朝方にかけて、カップルのみが立ち入ることができ、一旦入場すると、許可無く退出できない。
カップルを事実上の隔離措置に置くことで、クリスマスを独りで過ごす男女らに負担を掛けない狙いがあると見られる。

クリスマス再開を待ち望んでいた20代のカップルは「二人で堂々とクリスマスを祝える。こんなに嬉しいことはない」と頬を緩ませていた。
反面、「クリスマスプレゼントの代金を捻出するのが大変」「僕にとって彼女と過ごす毎日が特別な日。クリスマスの有無は関係ない」などと言った声も聞かれた。
今年も独りで過ごす予定だという男性(28)は「悔しいと思ったら負けかなと思っている」と話した。

(毎目新聞/燕)


at 17:28|Permalinkでたらめニュース 

2005年11月01日

東証システムダウン 原因はオンラインゲームか

東京都証券取引所で1日、株式売買の注文を取り次ぐコンピューター・システムに障害が発生し、午前9時の取引開始から全銘柄の取引が停止したトラブルが発生した。
東証は障害の原因について、「システムの管理者複数が、バックグラウンドでオンラインゲームのクライアントを起動していたため」(河野常務)と説明している。
河野常務によると、オンライントレードを管理するコンピュータは複数存在し、それぞれ異なる管理者によって制御されているが、いずれの管理者もオンラインゲームのクライアントを常駐起動させていたという。
このゲームクライアントの常駐起動がシステムに負担を掛け、ダウンに繋がったという見方が有力だ。
管理者らが起動していたオンラインゲームは同一タイトルで、1日には大規模なパッチが当たっていた。

東証の調べでは、この管理者らは、クライアントを常駐起動させ、いわゆるBOT行為をしていたという。
管理者の一人は「仕事が忙しく、手軽にレベル上げをしたかった。こんな大事になるとは思わなかった」と号泣したという。
東証では、これらの管理者が、以前から常習的に業務と無関係なプログラムを起動させていた疑いがあるとしている。
管理者らの処分は決まっていないが、最低でも懲戒解雇は免れないものと見られる。
河野常務は「日本経済を預かるものとして、あるまじき事。今後は監視を一層強化したい」と述べ、再発防止に全力を上げる構えだ。

(目本経済新聞/燕)


関連記事
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 東証、午後1時半から取引再開…プログラム操作ミスか
はてなダイアリー - BOTとは

at 23:58|Permalinkでたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: