2005年10月

2005年10月31日

第3次小泉改造内閣の顔ぶれ


小泉首相は31日、内閣改造を行い、第3次小泉改造内閣の顔ぶれが決まった。(敬称略)

 ◆首相 小泉淳一郎

 ◆総務・郵政民営化 竹中平蔵

 ◆法務 小泉淳一郎

 ◆外務 麻生次郎

 ◆財務 小泉淳一郎

 ◆文部科学 小泉淳一郎

 ◆厚生労働 小泉淳一郎

 ◆農水 小泉淳一郎

 ◆経済産業 小泉淳一郎

 ◆国土交通 小泉淳一郎

 ◆環境・沖縄北方 小池由利子

 ◆官房 安倍親三

 ◆国家公安委員長・防災 小泉淳一郎

 ◆防衛 小泉淳一郎

 ◆経済財政・金融 与謝野薫

 ◆規制改革・行政改革 小泉淳一郎

 ◆科学技術・食品安全・IT 小泉淳一郎

 ◆少子化・男女共同参画 小泉淳一郎

第三次小泉内閣は、殆どの役職を小泉総理が自ら兼任するという異例の組閣となった。
総理大臣が、他の役職を兼任する例自体が珍しいが、兼任が13に及ぶのは、戦前戦後を通して史上初となる。
注目の集まる郵政民営化担当大臣は、前内閣に引き続いて竹中氏が留任した。
また、小池環境大臣も留任が決まった。

官邸で会見に応じた小泉総理は「強いリーダーシップを発揮するために、このような組閣にした」と話し、構造改革への意気込みを見せた。
一方、こうしたワンマン組閣には、強い懸念と批判の声も上がっている。
泰阜敏弘・北海道大学教授(政治学)は「小泉独裁体制としか言いようがない。国民一人一人が警戒心を持たねばならない」と話した。

(読書新聞/燕)


at 19:36|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月28日

内定 「殺してでも奪い取る」 76%

11月も目前となり、大学生らの就職活動も徐々に始まる中、株式会社リノレートが実施した、大学生の就職活動への意識調査結果が明らかにされた。
これは、2007年度卒業予定の大学3年生らを対象に行ったアンケートで、およそ3万人からの回答を得た。
設問は一つのみで、「親しい人が、あなたの行きたい企業の内定をもらったが、あなたは落選してしまった場合、どうしますか?」というもの。

回答結果は、「殺してでも奪い取る」が全体の76%を占め、就職活動を控えた大学生の闘争意識の高さが露になった。
一方、「関係ない」と答えた大学生は全体の僅か4%で、他人の内定に関する高い関心が伺える。
「譲ってくれと頼む」と回答したのは18%で、その他の回答が2%という結果になった。

こうした結果を踏まえ、リクノレート社では、内定を取ったら人に言いふらさないよう呼びかけていくとしている。
同社の賀羅葉土調査部長は「念願の内定を手に入れたぞ、などと自慢するのは控えた方がいい」と話す。
折角の内定も、命を奪われたら元も子もない。今年の就職活動も激戦が予想されるが、内定を取った後も油断しないほうがよさそうだ。

(目経ナビ/燕)


関連記事
はてなダイアリー - オタクの常識とは

at 19:41|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月26日

ハラスメント増大 ツンデレと勘違い

日本ハラスメント問題研究所の調査によると、ここ半年間で、男性側の思い込みによるハラスメントが増大していることがわかった。
同研究所が発表したハラスメント白書によれば、女性側の冷淡な反応に対して、それが自分に対する好意を露にするのが恥ずかしいためだと思い込む男性が増えているという。
男性側のアプローチを、女性が本当に嫌がっているのに対し、男性側が「素直ではない」「照れているだけ」などと解釈するケースが多い。

こうした自体の背景には、いわゆる「ツンデレ」と呼ばれる女性像が、男性側に急速に浸透しつつあることがあるようだ。
「ツンデレ」とは、「普段はツンツン、二人っきりの時は急にしおらしくなってデレデレといちゃついてくるようなタイプ」とされる女性像。
最近になって、このツンデレの認識が高まったことから、女性側の冷淡な態度を「ツンデレ」と誤解するケースが目立っている。

同研究所の沢近絵里所長は「ツンデレは男性の妄想とまでは言わないが、そうそう居ないのではないか。現実の女性をしっかり見て」と話す。
一方、「ツンデレ」の産みの親とも言えるオタク層も、「現実の女性に手を出すことが、そもそもの間違い」と冷静に指摘する。
同研究所では、今後もハラスメント防止のため、研究を継続していく方針。

(目本経済新聞/燕)


at 18:34|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月22日

ホリインフルエンザ 爆発的な流行の恐れ

毒性は弱いが、厄介な症状を引き起こすホリインフルエンザウイルスH5N1型が世界的に流行する恐れが強まってきた。
これまでアジアにとどまっていたお笑いーブームが、欧州へと拡大したためだ。
大西洋の対岸にある米国では、ウイルスの流入を“水際”で阻止する態勢の検討に入っている。
全世界的な対応の必要性が叫ばれる中で、アジア地域では、対策が後手に回っており、既に多数の感染者を出している。

ホリインフルエンザの発症者は、人気お笑い番組「エンタの神様」や「笑いの金メダル」の視聴者が多数を占めているという報告もある。
感染すると、無意識のうちに「おい、ちょ、待てよ」などとうわ言を言ったり、顔面神経に変異をきたし、えなりかずきさんのようになる症例が見られるという。
現時点で、有効な対策は発見されておらず、WHO(世界保健機関)も警戒を呼びかける宣言を出している。

一方、日本のお笑い業界は、ホリインフルエンザの拡大により、ブームの終焉が訪れかねないとして警戒を強めている。
ウィルスの発生源と目される、お笑いタレントのホリさん(28)は「おい、ちょ、待てよ」と苛立ちを隠せない様子だった。

EUや米国では、日本のお笑い番組の放映を禁じる措置などをとって対策を進めているが、既に感染者が出てしまっている。
人から人へうつる可能性も否定できず、米国政府では、各国に対してホリインフルエンザの流行の兆しがあった場合、WHOなどを通じて早期に情報を共有するよう要請している。

(山系新聞/燕)


関連記事
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 鳥インフルエンザ 欧州に拡大、爆発的流行の恐れ
はてなダイアリー - ホリとは

at 19:01|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月19日

桃太郎逆転敗訴 鬼ら涙

鬼が島に在住する鬼らが、桃太郎による財宝の奪還は自力救済の禁止に当たるとして、損害賠償を求めていた訴訟で、最高裁は、19日、鬼側の請求を一部認容する判決を下した。
成歩堂龍二裁判長は、桃太郎被告に対して、780万円の損害賠償金及びこれに伴う利息を支払うように命じた。

鬼らは、桃太郎が、地元住民の嘱託を受けて財宝を実力で奪還した行為は、民法が禁止するところの「自力救済」に当たるとし、不法行為に基づく損害賠償請求を起こしていた。
第一審では全面勝訴をおさめた鬼側だが、これを不服とした桃太郎側が控訴した第二審では逆転敗訴。
その後、鬼側の上告によって最高裁にまでもつれこんだ本訴訟が、鬼側の一部勝訴という形で、ようやく終結を見ることとなった。

判決主文で、成歩堂裁判長は「桃太郎の行為は違法性を伴うものであり、例えそれが正義の念から起こされたものであっても、法はそれを正当化することを許すものではない」と述べた。
「正義の味方」に対しての厳しい判決に、裁判の行方を見守っていた昔話の主人公らが一時騒然とする場面もあった。
傍聴に訪れていた金太郎さんは「私も動物虐待で訴えられたらと思うと…」と戦々恐々とした様子だった。

原告である鬼らは「私たちの主張が認められてうれしい。今後も戦っていきたい」と晴れやかな表情を見せたが、その目には涙が光っていた。
一方、思わぬ敗訴を喫した桃太郎被告の弁護士は「日本の司法制度のあり方に疑問を感じざるを得ない」と吐き捨てた。本人のコメントはなかった。

(東洋タイムズ/燕)


at 20:18|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月17日

ハンプティ・ダンプティさん また死亡 英国

ロンドン・タイムズ紙は、17日、市内の道路沿いで、市民が壁から転落死する事故が起きたと報じた。
同紙によると、死亡したのは、市内に住むハンプティ・ダンプティさん。
ハンプティさんはテムズ河沿いに設けられた壁に座ることを日課としていたが、突然壁から転落し、全身を強く打った。
市内の病院に搬送され、特別医療チームが治療にあたったが、元にはもどせず、同日午後に死亡した。

イギリス国内では、1700年代頃から、ハンプティ・ダンプティさんの死亡事故が多発している。
今回の死亡事故で、同国内で死亡したハンプティ・ダンプティさんの数は270億を突破した。
また、ハンプティ・ダンプティさんの死亡数は年々増加する傾向を見せており、英当局は警戒を呼びかけている。

スコットランド・ヤードのジョンスン警視正は「今後の再発防止に全力をあげたい」と言うが、苦い表情は隠せない。
同庁の懸命の対策にも関わらず、ハンプティさんの死亡事故は減少するどころか、増え続ける一方だからだ。
英国の面子に賭けても、再発を防ぎたいところだ。

(TheRondonTimes/Swallow・Seventeen)







LがRなのはわざとです。

at 20:52|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月15日

将棋ソフトと対局、プロ棋士に禁止令

日本将棋連盟は14日、プロ棋士と女流タイトル保持者がコンピューター将棋ソフトと公の場で対局するのを禁止したと発表した。
将棋連盟側は、禁止の理由を「ソフトと偽って、中に人が入っている可能性があるため」としている。
米長邦雄・同連盟会長は「対局ソフトの中に人が入っていないことが明確になったら、再開してもいい」と話した。

しかし、苦しい言い訳であることは明白で、「ちょ、負けたら恥ずかしすぎる」(連盟関係者)というのが実際の理由のようだ。
チェスの分野においては、既にコンピューターが人間を追い越して久しく、将棋の行方も注目される。

コンピュータと対局経験のある男性棋士(五段)は「コンピュータ画面相手だと、手が滑った戦法が使えない」とぼやく。
手が滑った戦法とは、自分が負けそうになると、手が滑った振りをして盤上の駒を混ぜる、室町時代から存在する戦法のこと。
古来より、負け将棋の起死回生策として用いられてきたものだが、コンピュータには通用しない。
コンピュータ対局が嫌われる理由は、この辺りにもあるようだ。

(東京都新聞/燕)


関連記事
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 将棋ソフトと対局、プロ棋士に禁止令

at 15:40|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月13日

ガソダムSEEDシリーズは全9部作構想

先日大好評のうちに放映終了した「機動戦士ガソダムSEED DESTINY」だが、「ガソダムSEED」シリーズは全9部作構想で、既に次回作の企画に入っていることがわかった。
都内で行われたアニメイベントで、福田監督自身が明らかにした。

福田監督は「SEEDは全部で9部作。SEEDが第3部で、DESTINYは第4部にあたる。」と述べ、「SEED」シリーズが全9部作構想であることを初めて公表した。
監督によると、SEEDの世界観は極めて複雑・重厚であり、9部に分けなければ到底描ききれないという。

SEED、DESTINY共に、回想シーンの異例な多さが話題を呼んだが、監督は「全9部もあるので、視聴者にできるだけ筋を覚えてもらう為に、あえて多くした」と理由を明かした。
深遠、緻密なシナリオであるため、視聴者が置いてきぼりを食らわないように配慮したのだという。

気になる次回作だが、監督によると、第一話はこれまでのシリーズを踏襲し、新型ガソダムの強奪からスタートする予定。
監督は「現在構想中だが、少なくとも200機以上のガソダムを登場させる予定」と語った。
一作品中に、これほど多くのガソダムが登場するのは例を見ないが、「スポンサーの強い要望」があったためだという。
SEED、DESTINYに登場したキャラも多数再登場し、新たな活躍を見せてくれるようだ。
21世紀の新生ガソダムに期待したい。

(目本経済新聞/燕)


at 20:08|Permalinkでたらめニュース 

2005年10月12日

くらしの知恵袋 冷たいビールがないとき

冷たいビールが無いときは、コンビニで買ってこればよい。

(朝鮮目報)


関連記事
朝鮮日報 冷たいビールがない時



at 19:20|Permalinkでたらめ教養講座 

2005年10月10日

小中学生の運動能力、偏り見せる…文科省調査

小学生の運動能力低下が続いているが、指の動きの巧緻さだけは大幅に上昇していることが9日、文部科学省の2004年度「体力・運動能力調査」でわかった。
専門家は「携帯ゲーム機で遊んだり、携帯電話を与えられる子供が多くなり、子どもが指を動かす機会だけが大幅に増大したためだろう」と分析している。

調査は2004年5月?10月、6歳から79歳の男女計約7万2800人を対象に実施。
小学生?高校生については、運動能力低下が始まったとされる1985年度と、95?04年度の各記録を比較した。

一方、中高生男子の右腕の発達の度合いは、85年度よりわずかに遅いが、ほぼ高水準を維持。
特に上下運動の能力に秀でている傾向が、1948年から続いている。
中高生男子が右腕の運動能力を維持していることについて、同省生涯スポーツ課は、「小学生と違って、特定の運動に夢中になりやすい時期だからではないか」と分析。
調査を監修した順天堂大の青木純一郎副学長は、「同じ運動ばかりするのではなく、音楽を聴いたり、本を読んだりして紛らわすことも大切」と話している。

(毎目新聞/燕)


関連記事
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 小学生の運動能力、低下続く…文科省調査

at 21:37|Permalinkでたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: