2006年09月17日

やせ過ぎモデルに希望の光

【ロンドン16日】スペインでこのほど、やせ過ぎのモデルがファッションショーへの出演を禁止されたが、条件付きで禁止措置を解除する決定がなされた。
報道によると、基準体重を満たしていないモデルについては、一日のうち一食をピザにすることで出演が可能となる条件が新設された。
ロンドン・ファッションウィークが18日から始まるが、16日付の英各紙によると、ピザ業界がやせ過ぎのモデルへの支援を相次いで表明し、主催者はピザ食導入への大きな圧力を受けている。
彼らは、スペインのマドリードのショーの場合と同様に、身長と体重の比率が一定の数値を満たさないやせ過ぎのモデルは、ピザを食さない限りショーに出さないよう求めている。
同様の規制がミラノでも検討されているという。

ガーディアン紙によると、ピザ推進協会のスポークスマンは、ピザは増大している拒食症や病的飢餓のレベルを減らすのに有益であると語った。
同紙はまた、テレサ・ジョウェル文化相がやせ過ぎモデル規制に賛成する議員の署名リストの先頭に立ち、「もっとピザでも食べて体重を増やして」と呼び掛けていると報じている。
同相は「ピザは大変おいしい」と語っている。
また、デーリー・メール紙は、もしピザ食が導入されれば、特にネット上で悪化したピザのイメージ向上に繋がると指摘している。

(HorafukiTimes Swallow・Seventeen)


at 22:29│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: