2006年04月02日

「忘れていたわけではない」と強調 燕氏 エイプリルフール未更新問題で

嘘ニュースサイトでありながら4月1日に更新をしなかった問題で、責任を問われている燕氏(17歳)が、2日、都内のホテルで会見を行った。
燕氏は読者への謝罪の念を強調しながらも、日本嘘ニュース協会理事の座を退く考えはないことを明らかにした。
燕氏は「就職活動が忙しく、エイプリルフールを忘れていたという事実はまったくない。あくまでも戦略的なもの。」と説明している。
また「面接で十分嘘をついた。日本中の大学生もたくさん嘘をついており、嘘の価値が低下している事実もある」とも述べた。

(目本経済新聞/燕)


at 20:58│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: