2006年01月06日

小学生が誤発注 都内

5日、都内の小学生が、うまい棒を1本1円と勘違いし、1000本誤発注していたことが明らかになった。
キャンセルが不可能な「成り行き注文」で、全商品が取引成立した。
この小学生が4日午前10時46分、うまい棒が1本10円だったのを「100本100円」と勘違いし、「1000本で1000円」のつもりで注文を出した。
うまい棒の本来価格は1本10円で、この小学生は9000円ほどの損失を負う見込み。
小学生は両親に緊急資金援助を要請したが、お年玉が支給済みであることを理由に拒絶されたという。
うまい棒の単価は10円と安価であったため、この1000本の注文は通常の取引とみなされ、異常な売買注文を監視している両親も誤発注と認識できなかった。

(目本金融新聞/燕)


at 23:22│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: