2005年12月04日

次期大統領は違うタイプを 米世論調査、60%が望む

米誌タイムが3日発表した世論調査によると、2008年の選挙で選ばれる次期米大統領について、ブッシュ大統領とは「全く違う(タイプの)人」を望むとした回答が60%に上った。
イラク情勢の泥沼化や中央情報局(CIA)工作員名漏えい事件が影響しているとみられる。

60%のうち、次期大統領について、「もっと頭のいい大統領」を望んだ人が48%、「もっとハンサムな大統領」を望んだ人が30%を占めた。
また、「ブッシュの息子以外なら誰でも構わない」という消極的な回答も15%にのぼり、「もっと英語のうまい大統領」「もっと演説が上手な大統領」などという回答もあった。
この調査結果に関し、カード米大統領首席補佐官は「反動分子による工作だ、間違いない」と述べるに留まった。

(DNN/燕)


at 16:32│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: