2005年10月31日

第3次小泉改造内閣の顔ぶれ


小泉首相は31日、内閣改造を行い、第3次小泉改造内閣の顔ぶれが決まった。(敬称略)

 ◆首相 小泉淳一郎

 ◆総務・郵政民営化 竹中平蔵

 ◆法務 小泉淳一郎

 ◆外務 麻生次郎

 ◆財務 小泉淳一郎

 ◆文部科学 小泉淳一郎

 ◆厚生労働 小泉淳一郎

 ◆農水 小泉淳一郎

 ◆経済産業 小泉淳一郎

 ◆国土交通 小泉淳一郎

 ◆環境・沖縄北方 小池由利子

 ◆官房 安倍親三

 ◆国家公安委員長・防災 小泉淳一郎

 ◆防衛 小泉淳一郎

 ◆経済財政・金融 与謝野薫

 ◆規制改革・行政改革 小泉淳一郎

 ◆科学技術・食品安全・IT 小泉淳一郎

 ◆少子化・男女共同参画 小泉淳一郎

第三次小泉内閣は、殆どの役職を小泉総理が自ら兼任するという異例の組閣となった。
総理大臣が、他の役職を兼任する例自体が珍しいが、兼任が13に及ぶのは、戦前戦後を通して史上初となる。
注目の集まる郵政民営化担当大臣は、前内閣に引き続いて竹中氏が留任した。
また、小池環境大臣も留任が決まった。

官邸で会見に応じた小泉総理は「強いリーダーシップを発揮するために、このような組閣にした」と話し、構造改革への意気込みを見せた。
一方、こうしたワンマン組閣には、強い懸念と批判の声も上がっている。
泰阜敏弘・北海道大学教授(政治学)は「小泉独裁体制としか言いようがない。国民一人一人が警戒心を持たねばならない」と話した。

(読書新聞/燕)


at 19:36│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: