2005年09月19日

国連安全保障理事会 日本査察を検討

米国を襲った大型ハリケーン「カトリーナ」の発生原因が、日本のヤクザであるという説が提唱されている問題について、国連安全保障理事会は、日本国への査察申し入れを検討している事を明らかにした。
安保理によると、日本のヤクザは、国際の平和と安全にとって脅威である可能性が高く、「カトリーナ」の事実関係を明確にするためにも、早急な査察が必要だという。
特に、安保理常任理事国であるアメリカが査察実施を強く主張し、主導する姿勢を見せている。

アメリカのケイマン国連大使は「国際社会が一丸となってヤクザの対策に努める必要がある。場合によっては軍事介入もやむを得ない」と強硬な姿勢を表明した。
同大使の発言によると、日本のヤクザが大量破壊兵器を所持している可能性もあるという。
大使は「我が軍事衛星の情報によれば、日本のヤクザは生物・化学兵器も含めたWMDを所持している可能性が高い」と述べ、早急な対策を立てるよう求めた。

情報筋によると、アメリカ軍上層部では、既に日本再占領も視野に入れた制圧作戦が検討段階に入っているという。
米海兵師団を中核とする部隊が、日本上陸を想定した訓練の実施を開始したとの情報もある。
日本政府は外務省を通じて「何か重大な誤解がある」との声明を発表したが、諸外国の不信感は拭いきれていないようだ。

(目本経済新聞/燕)


関連記事
Sankei Web 国際 「カトリーナはヤクザの仕業」 米天気キャスターが発言

at 20:01│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: