2005年09月17日

道頓堀の代替策用意 虎Vに向け

阪神タイガースのファンによるセ・リーグ優勝当日の“Vダイブ”を防止するために、大阪府警が代替案を用意したことが明らかになった。
18年ぶりの優勝だった2003年には、大阪・ミナミの道頓堀川へ5300人が飛び込み、死者も出たことを重視。
マジックが点灯した14日から、府警は道頓堀の代替策としてビニールプールを用意し、「飛び込むならこちらへ」と呼びかけている。

用意されたビニールプールは、450cm×220cm×185cmの特別仕様のもので、同時に数人が飛び込むことが出来る。
府警側はこのタイプのビニールプールを複数用意し、道頓堀へのダイブを未然に防ぎたい狙い。
ビニールプールを準備する予算は、大阪府と商店街が負担するという。

大阪府警の戸羅鋤夫本部長は「優勝を喜ぶ気持ちは理解できるが、道頓堀に飛び込むのは危険。用意したビニールプールに飛び込んで欲しい」とファンに呼びかけた。
本来は飛び込みの阻止に全力を挙げるのが通常だが、府警側は、熱心なファンとの衝突による損耗を恐れ、可能な限り避けたい狙いがあるようだ。
熱心なタイガースファンだという男性(28)は「ビニールプールなんかに飛び込むわけがない。道頓堀ダイブに意味がある」と話した。

(中目新聞/燕)


at 19:51│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: