2005年07月26日

ダース・ベイダーさん コンビニで注意受ける

映画「スター・ウォーズ・エピソード3 シスの復讐」のPRのため、来日していたシス卿のダース・ベイダーさん(42)が、東京都内のコンビニに立ち寄った際、マスクを外さなかったとして警察官に注意を受けていたことが明らかになった。
ベイダーさんが、PRのため出演したバラエティ番組でのトークの際、明らかにした。

ベイダーさんによると、今月25日、都内にあるコンビニに立ち寄った際、店員にマスクを外すように注意された。
しかしベイダーさんは日本語が分からなかったため、マスクを外さなかった。
ベイダーさんを不審に思った店員が通報し、駆けつけた警察官が職務質問を行い、ベイダーさんに注意したという。
またその際、ライトーセーバー一本を押収された。

このエピソードの放映直後、視聴者から警視庁及び事件のあったコンビニチェーンに抗議の電話が殺到したという。
抗議の内容は「ベイダー卿に失礼だ、謝罪しろ」「ベイダーさんは事情があってマスクをかぶっているのに、酷い」といったもので、合計で36万件もの抗議が寄せられた。
こうした抗議を寄せて、警視庁の室井慎次管理官は「軽率な対応だった。遺憾に思う」と謝罪するコメントを発表。
コンビニチェーン本部も「シス卿に対して失礼な態度を取ったことを深く反省する」とのコメントが、ホームページ上に掲載された。

ベイダーさんは、謝罪を快く受け入れ、友好の証として、警視庁にクローン兵を提供する意思があることを明らかにした。
なお、ライトセーバーは無事返却されたという。

6e827151.jpg

(写真=ライトセーバーが返却され、喜ぶベイダーさん)


(夕刊クジ/燕)


at 12:44│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: