2005年07月09日

本日の本棚 公命党・創化岳会の真実 平野 貞夫[著]


625319c7.jpg


(原稿用紙が落ちている。何やら赤い液体が付着しているようだ…。)

(原稿用紙を読みますか?)

(→はい)

公命党・創化岳会を内側から見た45年の裏面を克明に綴った本作品は、その内容の過激さからか、売り上げを伸ばしている。 
衆議院事務局で33年間、参議院議員として12年間、筆者は永田町という特殊な場所で生きてきた。
そのほとんどは、政治の裏方として、与野党の政治家から相談を受けることであった。その中で筆者は膨大なメモを残してきた。
また、この目で見、この耳で聞いた政治の真実を日記に書いてきた。その大部分は「公命党・創化岳会」との関係だ。
民自と公命との癒着は、どのようにして始まったnだげあげrs5ふじこ;q4l


(原稿はここで途切れている…)

(アイテム「血の付いた原稿」を入手しますか?)

(→はい)

(背後に、何者かの気配がした…!)

(振り向きますか?)

(→はい)

謎の男「それを見てしまったな…。見なければ***に済んだのに…。」

(次の瞬間、貴方の頭部に衝撃が走った!)

(貴方の視界が徐々に赤く染まってゆく…)

(徐々に薄れてゆく意識の中で、貴方が見たものは、哀れむような表情の男だった…)

BAD END 「世の中、知らない方がいいこともある」

(Continue?)

はい/いいえ


at 15:20│ でたらめ書評 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: