2005年05月25日

立つレッサーパンダ 中に人

千葉市動物公園の「風太」(雄、2歳)が2本足で立ち、全国でも話題を集めているレッサーパンダ―――。
兵庫県松戸市にある松戸市立動物園でも「レッサーパンダが立つ」などと呼び込みをしていたが、実はこのレッサーパンダの中に人が入っていたことが明らかになった。

松戸市立動物園では1匹のレッサーパンダを飼育しているが、風太くんブームに合わせてか、同園でも「うちのレッサーパンダも立ちます」などと宣伝していた。
しかし、このレッサーパンダが柵にもたれながら煙草を吸うなどの奇妙な行動が見受けられたため、不審に思った来園客が「ここは禁煙ですよ」と話しかけると「うるせー馬鹿」などと返事をした為、中に人が入っていることが露呈したという。
来園客の通報もあって、その後松戸市立動物園側は、中に人が入っていることを正式に認め、謝罪する会見を行った。

車田義美園長は「うちのレッサーパンダは立ってくれなかったので、何とかしたかった。軽挙妄動だったと反省している」と謝罪文を読み上げた。
中に入っていたとされる動物園職員は会見に姿を見せず、「着ぐるみの暑さについイライラして煙草を吸ってしまった。子供たちの夢を壊してしまい、申し訳なく思っている」とコメントを発表するにとどまった。

レッサーパンダを目当てに来園したという会社員の男性(26)は「どうも動きがやさぐれているとは思ったが、まさか中に人が入っているとは…ガッカリです」と落ち込んだ様子。
この事件を受けて、千葉市動物公園の石井隆久園長は「いい迷惑だ。もちろんうちの風に中の人などいない」とコメントし、風太くんの中に人は入っていない点を強調した。

979fe72f.jpg

中に人が入っていない風太くん


(毎目新聞/燕)


at 22:19│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: