2005年04月22日

護身用バッグが発売に

大手皮革製品メーカー・ヘルメス社は、22日、女性向け護身用バッグ「メリケンバッグ」を発売した。
このバッグは、通常時は鞄として使用できるが、緊急時には袋部分を取り外し、メリケンサックになる仕組みを採用している。
このメリケンサックによって、か弱い女性であっても暴漢やひったくり犯などと対等に立ち回ることができるという。

0929b962.jpg

護身用にいかが「メリケンバッグ」

防犯用品としては、特殊警棒やスタンガンが有名だが、これらの器具は、条例などによって所持が禁じられている場合もある。
メリケンサックもその例外ではないが、「メリケンバッグ」はバッグの一部分であると言い訳が可能なため、条例を潜り抜ける事が可能となっている。

河豚田多良男・ヘルメス社CEOは「強い女性をイメージした製品。これからは女性もどんどん戦っていかなくてはならない」と述べ、女性自身による安全の確保の必要性を強調した。

同社は発売前に、約1000名の女性モニターを募集してためしに製品を使ってもらい、その意見を参考に改良を重ねたという。
最初は「こんな野蛮なもの使えない」などと尻込みしていた女性たちも、いったんこの製品を振り回し始めると「上等だ、どこからでもかかってきやがれ」などとすっかり上機嫌に。
寄せられた意見も「もう少し殺傷力が高いほうがいい」「夫に使いたいので、若干威力が低いバージョンもほしい」などと過激なものが含まれており、河豚田社長は「こうした商品の需要の存在を確信した」と自信を見せる。

製品には「緊急時のみの使用にとどめない場合、日本国刑法に問われる場合があります」との注意書きが付されているが、効果を疑問視する声もある。
「メリケンバッグ」は定価19800円で、全国の有名百貨店等で入手が可能となっている。

(目経エンターテインメント/燕)


at 21:59│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: