2005年02月28日

米軍も軍備増強 北朝鮮睨んでか

連日報道されている北朝鮮軍の配備増強に対応する為か、各地に展開する米軍にも活発な動きが見られることが明らかになった。
米ネブラスカ州の州都リンカーンにある米軍基地で、28日、新型の簡易飛行装備が海兵隊第7師団の公開演習で使用された。
これは米軍が数年前から取り組んでいる"統合強化兵士(UES)"計画の一環として開発された装備であると見られる。
兵士のバックパックに超高強度の帆布を取り付け、高所から気流に乗ることで、簡易飛行を実現する仕組みになっている。
従来から使用されてきた落下傘と比較しても、飛行性能が向上し、見た目もかなりスマートに。

3b738d07.jpg

米軍が公開した新型装備(ロリータ通信)


使用時の外見が「ムササビ」に酷似していることから、米軍内では"Musasabi"のコードネームで呼称されている。
米国防総省は、この装備の開発に関して、既に5000万ドルの巨額を投じてきたが、ようやく実用化の目処が立ち、公開に踏み切ったという。
最新の兵器を積極的に公開する背景には、北朝鮮に対する圧力を強化する狙いがあると見られており、両国間の緊張が高まる事は必至だ。
また、ブッパナース米国防長官は、日本の自衛隊への技術供与も視野に入れていることを明らかにした。
その場合のわが国の費用負担は相当な額になることが予想され、物議を醸すことは間違いない。

(HorafukiTribune/Tsubame)

at 22:08│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: