2005年01月24日

時間を止めようとして逮捕 ロンドン

【ロリター通信 ロンドン24日】

イギリスのロンドン・トリビュート紙は、24日、公共の大時計を無理やり止めようとした男が器物損壊未遂の疑いで逮捕されたと報じた。
男はロンドン市内に設置された大時計の秒針にぶら下って体重をかけ、時計の針が進まないようにしたという。
市民の通報により駆けつけた警察によって救出され、その直後器物損壊未遂の疑いで逮捕された。

0e0ca62a.jpg


写真は、居合わせた市民が撮影した男の様子。
およそ15分に渡って体重を掛け続けたが、途中から助けを求め始めたという。

逮捕された男は「明日は歯医者に行かなくてはならないので、時間が進まなければいいと思った。歯医者こわい。」などと供述した。
男の虫歯は極めて軽度のもので、治療に痛みが伴わないという説明を受けると、ガックリとうなだれていたという。

(HorafukiTimes/Tsubame)

at 19:53│ でたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: