2021年02月22日

贈賄罪の構成要件から長男を除外検討へ

内閣法制局が、贈賄(ぞうわい)罪の構成要件から長男を一律除外することを検討していることがわかった。

関係者によれば、一般的に長男という存在は家族や周囲からの期待も大きく、非常に苦労を強いられることが多いという。

こうした特別な事情を鑑み、贈賄罪の構成要件から除外することで、長男への負担を軽減し家督相続を容易にする狙いがあると見られる。

菅(スゲ)首相の強い意向のもと、総務省幹部らを中心に検討が進んでおり、早ければ来月末にも衆議院の法務委員会に草案が提出される見込みだ。

仮に本法案が成立した場合、長男であれば一律贈賄罪の適用が見送られることになる。

「俺は長男だから贈賄罪にならなかったけれど次男なら立件されていた」などという台詞が生まれる日も近いのかもしれない。
 (Hora Japan/Tsubame)


horafukitsubame at 21:44│Comments(0) でたらめニュース 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: