2005年01月06日

ツタンカーメン氏 体調不良を訴えCTスキャン

【カイロ6日狂同通信】
エジプト考古学者・医学者らの共同チームは5日、黄金の仮面で知られる約3300年前の古代エジプト第18王朝の少年王ツタンカーメン氏の体調不良の訴えを受けて、同氏をCTスキャンで検査した。ツタンカーメン氏は長年に渡る展示生活に多大なストレスを感じているものと推定されている。
また、常々同氏は愛用の黄金マスクを取り上げられ、別々に展示されていることに対し深い悲しみを抱いていたという。

同氏の展示にあたっているエジプト国立博物館のポントス館長は「ツタンカーメン氏に対する配慮が欠けていたことを誠に遺憾に思っている。今後はマスクの返却も含めて慎重に対処していく。」とコメント。

CTスキャンを行ったエジプト国立病院のナセル院長は報道陣に対し「ツタンカーメン氏の健康状態は思わしくない。特に脱水症状が激しく、このままでは命に関わる。水分を取るように強く勧めたが、ツタンカーメン氏のミイラとしてのアイデンティティの保持が困難なことから未だ承諾を得ていない。一刻も早い水分摂取が必要だ」と早期治療の必要性を強調した。
報道陣の「CTスキャンを行ったことで、伝承の”死の翼”に触れる可能性は?」という質問に対しては、「伝承は迷信に過ぎない。また、我々はツタンカーメン氏に誠意をもって対応している。」と渋い表情で答えた。
ツタンカーメン氏本人のコメントは得られなかった。

なお、ツタンカーメン氏は今年8月に来日予定だったが、今回の検査入院を受けて訪問は無期限に延期された。(狂同通信/燕)

at 13:47|Permalinkでたらめニュース 

2005年01月05日

衆人環視の中で受験勉強

e32ba1e2.jpg

今日5日、東京都内の寿軒駅前で現役高校生二名による受験勉強が衆人環視の中で行われた。
これは財団法人「日本教育実験評議会」が受験対策の効率化を模索する一連の実験の一環として行われたもので、道行く人々の関心を集めていた。

同評議会の臨床教育主任研究員である画理弁太郎助教授(大脳生理学)は「受験失敗の理由として、大勢の人間が居るところでは集中力が途切れてしまうということがあげられる。こうして衆人環視の中でも試験問題を解けるような胆力を付けておけば、本番でも失敗することが無いという理論を実証したい。」と自信に満ちた様子だった。

実際に勉強を行った西京大学医学部志望の学歴太郎さん(17歳)は「大勢人が見ている中で勉強することに、これほど興奮を覚えるとは思わなかった。今でも興奮がおさまらない。」と新たな自分の発見に戸惑いを隠せない様子。
もう一人の被験者である河合代是美さん(17歳・小阪大学法学部志望)は「勉強中トイレに行けなくて困った。学歴社会の弊害を身を以って体感した。結局指定校推薦をもらえなかったら負けかなと思っている」と憔悴しきった様子だった。


画像出典 pya http://pya.cc/

at 23:56|Permalinkでたらめニュース 

鮫、ボートに熱烈求愛

4fcae3e1.jpg

今月4日、西大西洋のニューファンドランド諸島沖で大型のウバザメがモーターボートに熱烈な求愛を行ったことが確認された。

ウバザメの生態に詳しいオックスブリッジ大学海洋生物総合研究所のサカナ・ウマイヨ教授(海洋生物学)は「現在ウバザメは数が非常に減少しており、必然的に雌の絶対数も不足しているため、この雄のウバザメも焦りを覚えていたのではないか。そうした焦りが、このような異様ともいえる求愛行動を招いたのでは。」と話している。
IUCN(国際自然保護連合)は、ウバサメをレッドリスト中の絶滅危惧??類に指定しているが、IUCNの報道官は特にコメントを発表していない。

モーターボートの船主(24歳・男性)は「彼には気の毒だけど、彼女(モーターボート)を渡すわけにはいかない。鮫に取られたら負けかなと思っている。」とコメント。種族を超えた求愛は、残念ながら不発に終わった。

船主の拒絶を受けて、求愛を行ったウバザメ(男性・8歳)は「ついカッとなって求愛した。女性なら誰でも良かった。今は反省している。」と謝罪の意を表し海中へと姿を消した。なお、求愛を受けた本人(三島造船所製・3歳)のコメントは得られなかった。

at 19:56|Permalinkでたらめニュース 

農村と猿、全面戦争へ

39ff0914.jpg

今日5日、日本全国の農村を統括する全国農村同盟(田畑耕一会長)は猿との全面戦争に突入したことを発表した。
田畑会長は、集結した全農民兵を前に「顧みよ!今回の事件は猿を甘く見た、一部の楽観論者が招いたのだ。
猿による日光の観光者の被害などは、その具体的一例に過ぎぬ。
また近来、日本農村の耕作地帯に大打撃を与えた、猿による略奪行為を見るまでもなく、我々の田畑は絶えず様々な危機にさらされているのだ。
田!我が日本の主食をゆるがせにしないためにも、我々は誕生した!
畑!まことの農業を再びこの手に取り戻すため、全国農村同盟は起つのだ! 」と演説し士気の向上をはかった。

今回の宣戦布告が日本国憲法9条の武力行使の禁止に触れないか、という声もある。
同盟の法律顧問を務める西京大学法学部教授の法田法夫氏は「交戦権の否認は国家を対象とするものであるが、今回のケースは猿が相手であるため適用されない。また、猿に対する自衛権の行使という法律構成も可能だ」と、今回の武力行使の適法性を強調する。
しかし、一部の動物愛護団体からは強い抗議の声が上がっており諸団体間での緊張が高まっている。過激派として知られる動物愛護団体「世界動物愛護連盟」は戦地に”人間の楯”を送り込む決定を下した。
また5日未明には男性が猿と間違われ誤射されるという痛ましい事件も発生している。

写真は、緊張した面持ちで田畑を巡回する全国農村同盟軍のWAC(女性兵士)。
TV局がインタビューを試みたところ「ここは戦場だ。命が惜しければ引っ込んでいてほしい。」と拒否されていた。

at 14:03|Permalinkでたらめニュース 

2005年01月04日

本当の自分 ここにいた

5234da70.jpg

東京都中野区の24歳の男性が、「自分探しの旅に出る」と言い残して先月24日から行方が分からなくなっていたが、今日1月4日山梨県田山町の海岸で碇を模したモニュメントに頭を突っ込んだまま抜けなくなっている所を保護された。
男性は「本当の自分がここにいるのが分かって嬉しくなったが、頭が抜けなくなった。飛んで来る虫を食べて飢えを凌いだ」などと供述しているという。
なお、男性の頭はまだ抜けていないが男性自身が「頭が抜けたら本当の自分がどこかに行ってしまう気がする」といって、頭を抜くことを拒んでいる。

男性を保護した警察官は「本当の自分なんてどこにも居るはずが無い。近頃の若者は夢を見過ぎなのではないか」と苦苦しげだった。


画像出典"pya" http://pya.cc/


at 23:58|Permalinkでたらめニュース 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: